モンスト 映画ガチャの結果について!!

 

 

皆さんこんにちは。

モンストも年末ガチャイベントがあると聞きました。

 

 

12月の限定イベントをのがした方は年末ガチャイベントに挑戦してください。

 

 

モンスト映画のガチャアイテムとは

モンストゲームが映画になって、12/10から劇場公開されています。

 

 

この映画の公開を記念して12/10~12/25までの期間内で限定アイテムが入手できたみたいで、中身はガチャアイテムで「オラ玉」が貰えるのと映画キャラの限定ガチャがゲームに登場しました。

 

 

通常ゲームで引けるのはオーブ玉で、このオーブ5個分に相当するのがオラ玉1個で、価値に直すと約600円になります。

 

 

このオラ玉が期間内で44個のオラ玉を取得できたのですが、その方法として映画館で毎日無料で1個と映画限定エリアクエストの「ゲノム・究極」をプレイして勝利することで5個貰えて、12/10・11に計20個と12/17・18に計6個も貰えました。

 

 

この時にオラ玉を入手する時に気を付けてほしいのが、ゲーム内で位置情報を取得しないといけないので、映画館周辺で電波の状況を見ながら位置情報を取得するとオラ玉が入手できます。

 

 

オラ玉は期間限定の玉ですので、オーブみたいに他のイベントなどには使うことができないので、注意が必要となりますので必ず期間内に消費するようにしましょう。

 

 

オラ玉が無料で入手できたので、このオラ玉を使って限定映画キャラを入手する事ができます。

 

 

映画限定キャラは全部で7体で、その全てが星5以上レベルのキャラ達で構成されていて、自分のデッキに持っていれば必ず勝てる要素を持っているので、全てのキャラは入手できなくてもどれか1体は必ず貰えると思います。

 

 

モンスト映画での限定エリアクエスト「ゲノム」

モンスト映画では、期間限定でエリアクエストが出現し、映画館に行くと「ゲノム・究極」のエリアクエストがプレイできます。

 

 

この「ゲノム・究極」の戦い方として、ゲノムとその周りの敵は全部闇属性を持っている魔族のため、デッキを作るのであればこの敵に適した闇属性・魔族・カウンターキラーに対応したモンスターを揃えます。

 

 

ゲノムが全部のステージで重力バリアを展開しているので、デッキ編成ではアンチ重力バリア(AGB)を所持しているモンスターを3体以上揃えると攻撃しやすくなり、敵の攻撃力はさほど強くは無いため、光属性のモンスターでも大丈夫です。

 

 

ゲノムのボス戦で、内部にボスの弱点が出てきますので、貫通タイプのモンスターなら確実にダメージを与え、ブロックなどを利用しての弱点の往復攻撃ができます。

 

 

モンスト映画でのガチャ結果は

モンストの映画の公開記念で限定のモンスターが出ていますが、合計で7体のモンスターが登場します。全てのモンスターが星5以上のモンスターですので、どれを引き当てても文句の無いモンスターです。

 

 

この中で一番評価が良いのは坂本龍馬MVとアーサーMVで星6のモンスターで、評価で低いのが星5のエポカになります。

 

 

期間中にオラ玉でガチャの結果を見てみると、シングル、10連、20連と引いても必ずエポカが出現しています。

 

 

決して悪いキャラではないのですが、約7割程度のガチャでこの「エポカ」が出る結果になりました。

 

 

しかし、「エポカ」は使い勝手がよく、星5以下でのクエストでは活躍できるモンスターなので、デッキに入れていても大丈夫だと思います。

 

 

終わりに・・・

映画の限定キャラ「エポカ」が大量にガチャで排出されていますが、自分が欲しいモンスターを手に入れるのは非常に厳しい事がわかりました。

 

 

10、20、30とガチャを回しても結果は、どんだけガチャを引いても欲しいモンスターが1体しか出てこないのと、残りは「エポカ」と星4以下のモンスターだけでした。

 

 

この状態を見ると、当たりの確率が1割にしかならず、残り9割に格下キャラを引き当てるのですが、使い方によっては良い形になるかもしれないので、「エポカ」を当てたら大事に使ってください。

ところでモンストでガチャを何度も引いて、最強のモンスターを何体もゲットしてみたいと思いませんか?